ひえトール 冷え性女子による冷え対策サイト

冷え性女子による冷え対策サイト

ひえトール トップページへ

体温をあげてみよう!

冷え性で悩む人に限らず、現代人は体温が下がってきています。
50年前の日本人の平均は36.9度もあったらしいので、ちょっと驚きますよね。
平熱が36度より下回っているという人もかなりいるのではないでしょうか。
理想の体温は36.5度以上とされていますが、現実は体温が下がってきていて特に若い世代は低体温化がすすんでしまっているため、その低体温が原因で色んなデメリットも増えているんです。

体温をあげてみよう

低体温のリスク・免疫力の低下

まず挙げられるのが、免疫力の低下です。
ちょっとしたことで風邪をひきやすくなったりアレルギーを起こしやすくなり、炎症を繰り返したり感染症にかかりやすくもなります。
体温が35度になると最近やガン細胞が活発化しやすくなるので、ガンの発症の危険性も高まってしまうんです。

低体温のリスク・自室神経の乱れ、脳への酸素不足

また自律神経失調症も低体温とつながっている症状で、頭痛や肩こり、不安感、なぜかイライラするといったことも起きやすくなります。
低体温は血行が悪くなっているので、脳への酸素不足により認知症などのリスクも高くなると言われています。

低体温のリスク・基礎代謝の低下

基礎代謝が落ちてしまうのも、低体温のデメリットです。
代謝が落ちると消費カロリーが減ってしまうので、どうしても太りやすい体になってしまい、ダイエットがうまくいかなかったり体重が増えたりという、女性にとっては避けたいリスクが増えてしまいます。
細胞の働きも活性化されないので、老化が早まったり皮膚の生まれ変わりが遅くなりキレイな肌をキープしづらくもなるんです。

体温が高いメリット・免疫力アップ

逆に、体温が高い人にはたくさんのメリットがあります。 低体温の人と比べて免疫力が高い事がまずは一つ。 体温が1度上がると、免疫力は5倍以上になると言われているんです。

体温が高いメリット・基礎代謝が高い

基礎代謝が高いのも、メリットです。 体温が1度上がると基礎代謝が10〜15%ほど高くなるという報告があるんですよ。
代謝が高ければ脂肪燃焼力も高いし、消費カロリーが多くなるので、自然と痩せやすい身体へと近づけます。

体温が高いメリット・美肌につながる

基礎代謝が高いのも、メリットです。
体温が1度上がると基礎代謝が10〜15%ほど高くなるという報告があるんですよ。
代謝が高ければ脂肪燃焼力も高いし、消費カロリーが多くなるので、自然と痩せやすい身体へと近づけます。s

体温を上げるために

体温を上げる方法として考えられるのが、熱を作り出す筋肉を増やすことです。
女性の中には筋肉が付くのを嫌がる人もいますが、よほど過剰にしない限り女性はムキムキな体型にならないので、ぜひ筋トレを取りいれてみましょう。
手っ取り早いのが、スクワットです。
ゆっくりしたペースで上下するよう意識しますが、足を肩幅以上に開いて背すじを伸ばし、膝がつま先より出ないように気を付けてくださいね。

このほかにも体温上げるのにおススメのアレコレが教えて!gooにも載っています。
是非参考にしてみましょう!