ひえトール 冷え性女子による冷え対策サイト

冷え性女子による冷え対策サイト

ひえトール トップページへ

なぜ女性は冷えやすいの?

冷え性に悩む女性はなんと2人に1人と言われています。
寝るときは靴下が手放せないという人や、膝掛け、カーディガンは夏場でも持ち歩く人もいますね。
手足がちょっとくらい冷たくても我慢できるから、と思っている人も多いですが、生理痛や頭痛、腰痛、肩こりなどの悩みは実は冷え性が原因だったという事もあります。
男性の中にも冷え性で悩む人はいますが、やはり女性に圧倒的に多いのはなぜなのでしょうか?

なぜ女性は冷えやすいの?

女性は筋肉量が少ない

まず大きな原因の一つは、男性よりも筋肉量が少ないことが挙げられます。
筋肉には身体の熱を作り出すという働きもあり、そのおかげで身体が冷えにくくなります。
女性はもともと男性より筋肉量は少なく、そして筋肉も付きにくいので、熱を作る能力が弱いために冷えやすくなるんです。

温まりにくい性質を持つ脂肪が多い

また女性は男性よりも脂肪が多くなりやすいです。
出産のために身体を守ろうとすることが原因なのですが、脂肪は一度冷えると温まりにくい性質があるんです。
脂肪がたくさんある人は温かいと勘違いしそうですが、実は脂肪が冷え性の原因ともなるんですね。

月経がある

女性が冷え性になりやすい原因として、月経があることも挙げられます。
温められた血液が多く排出されてしまうので冷えやすい上、血液中の酸素量が減ることで食べ物の分解がしづらくなります。
そうすると身体のエネルギーとなる元が足りなくなり、よりエコで過ごそうと冷えやすくなるんです。
子宮や卵巣は特に血液が滞りやすいので、熱が運ばれなくなり冷えにつながってしまいます。

薄着の女性が多い

薄着の服装は、典型的な冷え性の原因のひとつかもしれませんね。
冬でも足を出すファッションを楽しむ女性は多いし、夏になれば特に、スカート丈が短くなったり薄い素材の服を着たり、素足は当たり前だったりと、冷え性になるのもうなずける気がします。
またヒップアップのためのガードルなど、身体を締め付けるのも冷え性の原因となるんです。

ダイエットも一因に

男性より女性の冷え性が多い理由の一つとして、ダイエットをする女性が多いことも挙げられます。
キレイになりたい、キープしていたいという思いから、食べる量が極端に少なかったり、野菜ばかりの偏食になったりすることで、現代人には意外にも栄養不足の方がとても多いようです。
過度なダイエットは筋肉を減らしてしまったり代謝が落ちて熱が生まれにくくなったり、時には貧血になって、冷え性につながります。
冷えは万病の元となります。
生活をガラッと変えることが難しくても、出来ることからぜひ対策を立てていきましょう。